忍者ブログ
高気密高断熱住宅に関する話題。 時事ネタなど。
土曜日は、50近いアクセスを頂き恐悦です。
自分のような生きて大業の見込みない老兵も、
なにがしか役に立つ事があるのでしょうか。
さて。
flir ONE のアンドロイド版がいつの間にか発売になっていたので、衝動買いしてみました。
うしし、これで床暖の配管の場所もまるわかりだぁ!と、思ったのですが
実際みてみると、遙かに温度分布の幅が狭いようで、全くわかりません。
あー、こりゃやっちゃったかも・・・。
Flir ONEは、スケールの固定が出来ないようで、それがかなり不便ではあるのですが、
まぁ、銭失いにしないために少し使ってみようかなと。
では、早速。
窓から。
引き違い戸

こっちは、開き戸
単体で見てもスケールの固定ができず、性能がわからないので
比較するためには同じ画面内に比較対象が入っている必要があります。
でも、あからさまにこの引き違い戸の性能は悪いようです。
気密の問題かな?
ちなみにこの窓だけです。
他の引き違い戸では、このような画像になりませんでした。

サーモグラフィーは、輻射熱をみているので、
熱の反射とか素材や色の違いなども考慮に入れないと
判断を間違う可能性があって、難しいですね。

・・・自分が写っている・・・という可能性もなくはないかな?

さて、どうでしょう、どうしましょう。
PR
とあるブログで、ご丁寧にリンクまで張って
拙ブログを紹介してくださっていて、しかもちょっと見解が異なるようなので・・・。
ブログ村はたまにしかチェックしないから、気づかんかったわ(゜Д゜;)

ま、一条が「洗うな!」と言う以上は、洗わないのがベターなのかも知れませんが(笑)

何年も住んでいると、特にキッチンやリビングとか
あまり例はないかも知れないけどたばこを嗜むお宅とか。

そりゃもう、ハニカムシェードはたいへんな状況になると思われますよ。

おいら、我慢できへんでぇ~~!!
・・・なんちゃってw

どんなにアブラぎっしゅになっても、気にしな~い(*´∀`*)/
なんて方もきっといらっしゃるでしょう。

どっちかというと・・・我が家もちょっとそんな部分もあるかもだけど(爆)


ちなみに・・・。
カーテン屋さんは、「洗える」と仰っています。
http://www.curtainkyaku.com/blog/36969.html 超音波洗浄(画像有り)
http://www.curtainkyaku.com/blog/36940.html 一部に記述

我が家も問題なく洗えました。(注:ダブルハニカム 今のトリプルじゃないよ)

洗えるか?洗えないか?は、単にファブリックというか「素材」の問題ですので
素材に注目しましょう。
今のトリプルハニカムというか、大きいタイプのデュエットシェード?の
素材がそんなものが使われているかによると思うんですが、
前のダブルハニカムと同じなら基本的に問題ないんじゃなかろうか?
実際に見てみるとわかりますが、紙と言うより布ですよね?

そんな訳で、素材が折り紙の「銀紙」っぽい遮光タイプは無理だと思うんだな。
だから、それは汚さないようにしませう、と。


つうかさ、汚れるのわかってるのに洗えないならつけたくない!ってならないの?
洗えないなら困るからつけないでおこう!
家のどこでもカーテンは汚れるし、洗うよね?
家のどこでもハニカムも汚れるよね?
なら、いっそハニカムなんて全部やめちゃおう!

って、きっとなると思うんだけど・・・。
杞憂?


そういう観点から見て、また冬の結露や輻射対策から
窓の外に電動外付けブラインドを採用するんじゃぁあああっ!!
という方。

猛者ですね。

セゾンなら、一も二もなくお勧めできるんですけど・・・。
拙宅も散々迷った挙げ句、採用に至ってないわけですが。
外断熱の上からシャッターつけられるの?(←業者は問題ないと言いましたが)
全ての窓に採用できるの?
という、疑問が生じ。というか自信もお金もなく。

ま、ハニカムでいいか!

という、お気楽な結論になったわけです。



何がいいたいのか、良くわからないダラダラした記事になっちゃいましたが・・・。


最後に、
一条的にはそりゃ洗っても大丈夫とか言って
壊れでもしたら面倒だから洗えるとか言わないかもね。

あと、折角引用したので大阪のこだわりカーテン屋さんを紹介しておこう。
カーテン夢工房さん
http://www.curtainkyaku.com/
です。
素敵ですね。

関西の方、超音波洗浄も出来るみたいでっせ!

当記事を見て、ハニカムを洗って壊れても私は関知しな~~いので
あしからず。
それでも、洗いたくなったらカーテン屋さんに頼むか自己責任で
ジャブジャブやっちゃいましょう!!ただし、自己責任でね~

追記
いくら自分で洗えそうだ!と思ってやってみるとしても
掃き出し窓とか巾180cm級の大きなものからチャレンジするのは
お勧め出来ませんよ~。簡単に乾かせないですから・・・。
一条'sは、基本的にリッチマンが施主なのか、増税が話題にならないですね。
ねがちぶ禁止なのかしらん♪

さて、ハニカムシェード!
拙宅はダブルハニカムです。

台所周りにもつけていて、やっぱり結構油が飛んだりで汚れます。
昨年、ダブルハニカム内に虫が入り、嫁が虫を退治するためにそのまま閉めちゃいました・・・。

ち~~~ん・・・

おいっ、この(ぴーー)どうすんだよ!!?


ってわけで、お風呂でじゃぶじゃぶごしごし洗いました。
ホコリみたいのが、なかなか取れずスポンジ(ネット付き)に
マイペットをつけてごしごしやってやったぜ~!
ワイルドだろ?!
・・・、はい。流して流して!いろんなものを・・・。

で、干すのが結構大変なんですが、風の弱い晴れた日に
一旦ちょい開きにしてなにかに立て掛けてあらかた水を切り、
物干しに吊せば問題なく元通り!


・・・えっ?写真?

ありませぬ。

スマソ・・・

結果は、思ったよりハニカムは汚れていたようだ・・・と、実感できましたwww


ただ、ハンターダグラスのHPには洗い方について書いてあった気がするんですが
遮光タイプ(アルミ入り)は、浸け置き洗いが基本・・・だったような。

なので、通常タイプよりかなり気をつかった洗い方が必要になると思います。


遮光ハニカムは、西日が当る窓やベランダに面した窓につけると
と~~っても効果的だと思うんですが、そこが運悪く台所だった場合には・・・。
う~む、どうでしょう?
チャレンジャー?
夏真っ盛りに冬の話題。
オツですな。

前回の平成24年~25年にかけての冬。
寝室の窓に、ガッツリと結露してしまった。
で、うっかりカビを生やした。

嫁、大激怒

以来、ハニカムは下側を大幅に開けられることになってしまった。

無念だ…。

それに寒いよ…。

寝室で家族3人が一緒に寝るっていうシチュエーションの所為かもだけど
もともと夜中の間に炭酸ガス濃度も上がり続けるし、
実は湿度も上がり続けるんだよね~。

解決方法は、
1.窓の外に(電動)シャッターをつける。もしくは雨戸!伝統的や~。

2.サッシをトリプルに変更する。なんぼかかんねん!

IMG_0528s-.jpg
















トリプルなら、ハニカム閉じてても結露せーへん気がする。
次の冬も、結露と戦わなければならない予感がする。
今のうちに対策を考えねば!

 
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
4
5 6 7 9 10 11
12 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[05/11 ヤン]
[06/03 ヤン]
[05/30 ヤン]
[04/26 ヤン]
[10/03 ICHI]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  晴時々曇一時雨  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Template by tsukika忍者ブログ [PR]