忍者ブログ
高気密高断熱住宅に関する話題。 時事ネタなど。
支那の暴動でみんなあっけにとられて忘れてると思いますけど
名古屋とか新潟の支那領事館…というか工作基地問題は
一体どうなっているんでしょうか?

調べてみました。

名古屋

移転中止


新潟

計画凍結中=潜伏中


ということでした。

う~ん、新潟しぶといね。

そもそも領事館がそんなに広大な土地が必要なのか?ってことと
支那自体は日本の領事館建設に嫌がらせのようなことばかりしてくるし、
支那は土地は借地権が買えるだけなのに対して、日本は購入できてしまう
ってあたりも問題ありですね。

国籍問題にしてもなんにしても、バランスを欠いた
一方的に支那朝鮮に有利な条件を日本は提示しています。

支那や朝鮮が、反日をやめたら…というあり得ない仮定をしても仕方ないのですが
何事ももう少しうまくいく気がします。


そうそう、橋下さんが日本人は近代史に疎すぎる!
「中国や韓国が恨むのも無理はない」
とか言ってますが、

橋下!お前が勉強せろや、ボケ!

というのが、私の感想でございます。
ああ、せっかく上品に書いてきたのに…w

ではまた。
PR
支那で反日?暴動が広がりをみせているそうだ。
デモと言うより暴動で、国内の保守系市民団体のデモに比べれば
デモとはなにか?と考えさせられる。

ところで、支那進出を煽り、支那に進出するしか企業の利益を確保する
すべがないかのような報道を繰り返してきたのは、ご存じ
朝日新聞を筆頭とする売国メディアの方々である。

また、情報を自分で調べて吟味せずに、なんとなく空気を読んでw
支那に進出した企業もまた同罪である。
彼ら支那進出企業に働いて支那にいる日本人は、
その経営者の節穴にしかなっていない先見眼のおかげで
犠牲を強いられているだけだ。

もともと、遙か以前から支那では反日暴動が繰り返されており
根源的な問題に対して解決を見ていないのだから
そこには大きなリスクがよこたわっていることは誰の目にもあきらか
であり、そのリスクを背負っても利益を追いに行ったのだから
いまさらリスクが顕在化したところで問題などない!

そもそも、こういった支那の態度に対して
「子供じみた」仕返しをしてこなかったことに原因があるのだ。

「仕返しするのは子供じみている」という、プロパガンダに対して
唯々諾々と受け入れ、またあたかもそれが自明であり常識であり
自分の意見でもあるかのようにTVキャスターやらいわゆる「識者」
らが主張してきたが、本当に正しいのだろうか?

少なくとも結果を見れば、間違っていたと断じざるを得ない。
正しくは、
「子供の悪い態度は矯正するように、躾けなければいけない」
のである。
大事なのは躾!
見て見ぬ振りをすることや、ガス抜きなどと称して是認することでは
断じてない!

ガス抜きだとか国内事情だとか言って認めてしまうことは
エスカレートを呼ぶことにしかならない。

そうっ!問題の先送りになってしまっているのだ。
そして、先送りされた問題は必ず大きくなって帰ってくる

会社内でも国際社会でも同じ、普遍的な法則である。

最後に読売新聞の記事を貼っておこう。

暴徒乱入、無言で破壊・放火…工場再起不能
2012年9月16日(日)22:27

(読売新聞)
 「まるで強盗団だった」

 山東省青島で15日、日系のスーパーや工場を襲ったデモ隊を目撃した中国人男性は、こう声を震わせた。襲撃されたパナソニックグループなどの工場は、一夜明けた16日、放火ですすけた建物や、壊された機械類が無残な姿をさらしていた。

 複数の目撃者らによると、15日午前11時ごろ、デモ隊は、郊外にあるジャスコ黄島店内で破壊、略奪を開始。1時間後、リーダー格の男が「次は保税区だ」と叫んだ。外資系の工場が集まる保税区には、パナソニックグループの電子部品工場など日系企業が入居している。

 ジャスコを出たデモ隊はまず2キロ先の日系工場を襲撃した後、午後2時頃、さらに2キロ先のパナソニック工場に到着。3、4階建ての建物数棟が立ち並ぶ工場は、スタッフ全員が避難し、無人だった。群衆は最も大きな建物に乱入、1階に火を放ち、機械類も壊した。火は2階に燃え広がった。

 隣の工場労働者は「3万人はいた。これだけの人間が道路を埋め尽くす光景は初めてで、とても抗議運動とは思えなかった」と振り返った。

 日系企業を狙うデモ隊はさらに、約300メートル先の自動車部品工場を襲撃。警官隊が六、七重の隊列を敷いて侵入を食い止めようとしたが、人数ではるかに上回るデモ隊はやすやすと突破。工員ら数百人には目もくれず、無言で破壊、放火に及び、十数分後には別の工場へ向かった。

 自動車部品工場管理職の中国人男性は「うちは再起不能。ほかの工場も含めて、これで数万人の失業者が生まれるが、中国人がやったことだ」とやりきれない表情だった

「日本国旗みて腹が立った」 容疑者、衝動的と供述
2012.9.3 11:49 [中国] 産経WEB
 
日中国交正常化40周年記念シンポジウムであいさつする丹羽宇一郎駐中国大使=29日午前、北京(共同)
 
 【北京=矢板明夫】丹羽宇一郎駐中国大使が乗った公用車が北京市内の路上で襲撃され、日本国旗が奪われた事件で、北京市公安当局は2台のドイツ製自動車に乗っていた容疑者計男女4人に対し任意の事情聴取を続けているが、容疑者らは「日本国旗をみて腹が立った」などと衝動的な犯行との供述をしていることがわかった。中国政府関係者が明らかにした。
 
 同関係者によれば、国旗を奪ったBMWに乗っていた男2人と、BMWと一緒に公用車の進路を妨害したアウディの男女は事前に面識がなかったことが確認された。北京市公安当局は、計画的な犯行ではなく、「偶発的な事件」として捜査を進めているという。沖縄・尖閣諸島の領有権問題をめぐり日中間の対立が深刻化し、中国国内で反日感情が高まっていることが背景にあるとの見方を強めているもようだ。
  中国当局は、事件にけが人はなく被害金額も少額であるため、容疑者に対し罰金などの行政処分で処罰する方針だという。
 
 しかし、丹羽大使は今後も国旗を掲げて中国国内で公務を遂行することを宣言しており、今回の事件の処罰が軽すぎれば、同種事件再発の可能性もあると心配する日中関係者もいる。
 
 丹羽大使が乗った公用車が27日午後、北京市内の環状道路を走行していた際、2台のドイツ製高級乗用車に進路妨害されたうえ、車から降りてきた男に公用車の前に掲げられた国旗を奪われた。

引用終わり

衝動的犯行??
んなわきゃないっ!!

危険なので大使館員含めて、全員日本に召還すべきと思います。

衝動的犯行ならなおさら危険です。
なんなら日本人の渡航制限をかけたほうがいいでしょう。

 
zakzakに以下の記事が掲載されていたので紹介。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20120828/frn1208281131001-n1.htm
丹羽大使“襲撃”…中国の日本恫喝か!
2012.08.28
    
 
丹羽宇一郎・駐中国大使【拡大】
 
 丹羽宇一郎駐中国大使が乗った公用車が27日、北京市内で中国人と見られる男に襲撃された事件で、日本大使館は地元警察に、襲撃犯の特徴や年齢、車のナンバー、撮影した車の写真を提供し、徹底した捜査を求めた。沖縄県・尖閣諸島をめぐる反日感情や、中国共産党内の権力闘争が背景にあるという指摘もあるが、特命全権大使が襲撃されたことは、日本国に対する意図的恫喝だった可能性もある。
 
 事件は27日午後4時(日本時間同5時)すぎ、丹羽大使が公用車で大使館に戻る途中で発生した。
 
 環状道路で少なくとも2台のドイツの高級車が蛇行や幅寄せをしたり、急ブレーキをかけたりするなどして数分間にわたり走行を遮り、公用車を強制的に停車させた。1台の車から降りてきた男が、公用車のバンパーにある日の丸を抜き取ったという。
 
 国際政治学者の藤井厳喜氏は「重大事件だ。特命全権大使は最上級の外交官で、国家を代表する地位を与えられている。丹羽大使を襲撃したことは日本国を攻撃したことになる」といい、こう続ける。
 
 「反日デモとは次元が違う。『ドイツ車』『2台以上』ということから、組織的犯行と見て間違いない。中国は強力な公安組織を抱えており、これだけの情報があれば、すぐ逮捕されなければおかしい。時間がかかるようだと、別の思惑がある。日本を甘く見ているのは間違いない」
 
 日本側の抗議に対して、中国外務省の羅照輝アジア局長は「極めて遺憾だ。再発防止に全力を尽くしたい」と謝罪し、法に基づいて対応すると回答している。
 
 中国のネット上では、大使車を襲撃した男を「民族の英雄」とする書き込みが相次いでいる。
 
 中国情勢に詳しい元公安調査庁第2部長の菅沼光弘氏は「情報を分析する限り、中国共産党内の権力闘争が絡んでいる可能性が高い。ただ、同様の襲撃は米国大使には絶対にしない。『日本は怖くない』という意識がある」といい、解説する。
 
 「この秋に行われる中国共産党第18回全国代表大会に向けて、現在、中国国内では激しい権力闘争が繰り広げられている。襲撃の手口から、とても一般人の仕業とは思えない。現在の胡錦濤国家主席と敵対する勢力の犯行ではないか」
 
 前代未聞の犯行があった27日、日本政府は、尖閣購入に向けて東京都が提出していた上陸申請を許可しないと石原慎太郎知事宛てに回答した。野田首相は先週、領土保全について「毅然とした姿勢で」と語ったが、やはり口だけだったのか。

記事は以上
水曜アンカーで青山さんが仰っていました。

尖閣諸島への支那人侵入/上陸は、外務省役人の指示で
野田首相はそれに従っただけのようだ…と。

結果、上陸阻止はできたはずなのに敢えて上陸させ
逮捕になった。
これは、支那に「占領可能」であるとのメッセージに
なってしまった。
10月までに
偽装漁民が大挙して上陸するだろう。

そのためには、自衛隊が常駐するしかない…と。


要するに、チャイナスクール出の外務官僚が、
(私としては支那の工作員あるいは、その手先となった人だと思うが)
まんまと頭の悪い政治家をそそのかして、支那の都合の良い方向に
事態を動かしたのだな~ということですね。

アンカーの中でも言及がありましたが、
支那の軍部はやはり中共への影響力を拡大していて
むしろ政治家が軍の顔色をうかがっている状態ということです。

そして、今日の報道

対日軍事衝突に準備を 中国紙、政府に要求
2012.8.22 16:01 [中国]産経WEBより
 
 中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は22日付の社説で、沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐる中国政府の対応について「軍事を含めて日本との衝突に備えるべきだ」と訴えた。一方、同じ紙面で日本製品ボイコットは「中国の産業に悪影響を及ぼす」として自制を促した。
 
 社説は、尖閣問題に関し「日中両政府に譲歩の余地はなく、敵対状態が一層進展するだろう」と分析。「日本の挑発」に対する反撃を求める民意に従って、尖閣諸島に上陸した日本人を拘束することを目標に実行力を高める必要があるとし、軍事衝突に至ることを「恐れることはなく、その際は無心で戦うのみ」と主張した。
 
 日本製品ボイコットに関する記事では、中国商務部の関係者が「日本からの輸入品は自動車部品など中間生産物が主流」とし、ボイコットした場合、中国国内の輸出産業などへの影響が大きいと指摘して「冷静な対応」を求めた。(共同)



しれっと、沖縄が含まれている点も注意してみて欲しいワケですが
結局弱腰外交が戦争というか武力衝突を招く原因になってしまっています。
この調子でいけば、武力衝突は避けられそうもありません。

唯一避ける道があるとすれば、米軍と協力して
尖閣周辺に部隊を展開し、一歩たりともひかない!
自衛権まで放棄しない!とはっきり態度で示すことです。

ここまで事態を悪化させたのは何度でも書きますが、
弱腰で軟弱な配慮配慮の態度です!
配慮とは、お互いにするものだ!
一方的な配慮は配慮ではなく
ただの譲歩!

最終的には、核兵器で脅してくるかも知れません。
言うこと聞かなければ核を落とすぞっ!と…。
その時のためには、やはり核武装しかありません。
その点は、私は青山さんとは意見を異にするわけですが、
すくなくとも核武装するという意思表示はすべきでしょう。

反発を招く?そりゃそうでしょう。
反発を招くことをたくさんやらなければいけませんよ。
そうでなければ、おとなしくチベットのようになるかの二者択一なのですから。
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カウンター
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[06/03 ヤン]
[05/30 ヤン]
[04/26 ヤン]
[10/03 ICHI]
[12/15 口を閉ざした過去の人]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  晴時々曇一時雨  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Template by tsukika忍者ブログ [PR]