忍者ブログ
高気密高断熱住宅に関する話題。 時事ネタなど。
 1 |  2 |
敬愛する島倉原様より拝借

以前、大和総研の試算結果を照会したことがありますが
似たような感じですね。
もう少しおおざっぱな感じです。


要は
使えるお金が減っています。
もしくは
無い袖は振れぬ!
ということです。

増税延期しても、やっぱり増税するんですよね?
・・・死期が遅くなるか早まるか程度の差しかないような気がします。

「(所謂)国の借金」で破綻するぅ~!


とか

「国民一人あたりの借金」


とか

馬鹿なことばかり言っているうちは

希望が湧きません。

ごめんな、こどもたち。
親世代が無知なために、大きなツケを背負わせてしまいそうや・・・。
PR
何がわからないって、特にこの部分なのです。

FRBは既存の金融政策の枠組みのもとでドルを刷って市場に流通する米国債を大量に買い上げてきた。トランプ案はこの仕組みを曲げて、FRBがドルを刷って国債の償還に踏み切るわけである。となると、政府は債務から解放されるばかりか、新たに発行した国債もFRBが発行するドルで元利払いが行われる。

ドルを刷るだのという扇情的な文言はさておき
国債を強制的に償還してしまうというのは、
つまりこういうことなのでしょうか?


中央銀行が保有する国債を償還するためには、
政府からお金を払ってもらわなければならないので
政府当座預金から御支払いただくとします。
(すいません、当座ぢゃないです。当座なのは一般の銀行)

そうすると、多分預金が不足しますよね?
政府の現預金をなんとか増やす必要があります。

普通は、国債発行なのですが、目的が国債を減らす事なので
その手は使えません。
消費税増税・・・ですか?
まるで、どこかのアホ国家のようですね。

確か宇沢先生の案だったように思いますが
政府が硬貨を発行するという手がありますな。
発行した硬貨を中央銀行に買ってもらうわけです。
そうすると、あら不思議!
国債が硬貨になり、政府の現預金を経由して
所謂国の借金がチャラになってしまいました。

でもま、FRBがドルを刷ることと
国債の償還とは関係ないんですけどね。

それともFRBと日銀は何か根本的に違うのでしょうか?
相変わらず、良くわかりません。

産経に掲載された田村秀男さんの記事が良くわかりません。
教えて、エロい人 (人∀・)


中央銀行である米連邦準備制度理事会(FRB)にドルを刷らせて、借金つまり国債の返済にまわすというアイデアだ。

ふむふむ。
それは、日銀もやりまくってる・・・かな?
日銀の場合は、銀行から国債を買い入れ、銀行の当座預金に円を
預け入れる。
量的緩和、マネタリーベース積み増しですよね。

ん?FRBもMBがんがん積んでたけど、どうやっていたんだろう?

 FRBは既存の金融政策の枠組みのもとでドルを刷って市場に流通する米国債を大量に買い上げてきた。トランプ案はこの仕組みを曲げて、FRBがドルを刷って国債の償還に踏み切るわけである。となると、政府は債務から解放されるばかりか、新たに発行した国債もFRBが発行するドルで元利払いが行われる。

???
FRBがドルをすって国債の償還に踏み切る?
国債を償還するためには、額面の金額を通貨で払えばいいのかな?
よくわからないけど、発行主体が償還するんだよね?
米国債はFRBが発行しとるんかい?
・・・よくわからないな。
そんなことしなくても、FRBが全部買い占めればいいんじゃない?
FRBの利益は国庫に帰らないのか??
よくわからないな。

国債は通常、税収を担保にしているから投資家に信用されるのだが、「紙幣輪転機を回してあなた方への借金を返す」と言われて「はいそうですか」と受け入れるお人よしがいるだろうか。

いや。
担保になっているのは税収なのだろうか?
通貨の信認論になっていくから避けたいけど、そうじゃない気がする。
国債とは言うなれば借金の証書なのだから、輪転機だろうがなんだろうが現金にしてくれるならそれでいいんじゃない?
すんごいドル安になりそうだけど。

むしろ、米国債の軛から脱することができるなら
ウェルカムなんじゃなかろうか?


以下引用
貧しくて 貧しくて 貧しくて 辛いよ~♪
ゴールデンボンバーの「女々しくて」の曲に乗せて
「貧しくて」を歌ってみる・・・惨めったらしいのでやめよう。
正確には、貧しいという表現は違うかも知れません。
本当に貧しい中、勉学と武道の鍛錬に励んだ先達に
叱られそうです。
ですが、あまりに無残な結果です。
三橋貴明さんのブログから
最も国民を貧しくした政権
安倍政権にのみ責任を問うのは酷というものでしょうが
一番酷いことは確かなので仕方ないですね。
三橋さんは、厚生労働省のデータを実質値に変換しているようです。
もとの値では製造業に於いては若干上がってます。
こちらも実質値に変換してみて欲しいですね。
いつから、流れがおかしくなったのかと問えば
どうやら金融ビッグバンあたりからのようです。
第二の敗戦ですな。おっと脱線。
それはさておき。
東大物価指数を月平均してプロットしています。
これだけ、右軸です。
月次GDPの元データはこちら
https://www.jcer.or.jp/research/gdp/

GDP600兆円ですか・・・(遠い目)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151110/k10010300001000.html
政府の経済財政諮問会議は、GDP=国内総生産600兆円の達成に向けて、今月中に策定する緊急対応策の案を取りまとめ、法人税の実効税率を早期に20%台に引き下げる道筋をつけるとともに、ことしを大幅に上回る最低賃金の引き上げを目指すべきだとしています。

消費税を廃止して法人税を引きあげるなら、なんとなく希望もでてきますが
逆ですからね。貧富の差が拡大するだけでしょう。

家計を預かる立場の方であれば、感じていると思われますが
食料の値段が上がっている気がします。
東大物価指数をみると如実に顕れています。

にもかかわらず、名目の支出が増えていませんから
貧しくなった・・・と解釈してよいのではないかと。

そして、貯金できなくなってきている筈です。
当然、大型の買い物も出来なくなってきている筈。
・・・家、ですか? 頭金用意するのもますますたいへんに
なっているのではないかと。

このあたりは、貯蓄率のデータをみるともっとはっきりわかるかも
知れません。

さて、自分としては実質給与の伸びが物価上昇率に追いついていない
ことも問題として、更に隠れた問題もあるように思います。
実質の可処分所得です。
今年の1月に修正された大和総研の試算結果を紹介します。
試算の前提条件がいくつかあるので、元の資料にもあたっていただきたい
と思います。
http://www.dir.co.jp/research/report/law-research/tax/20150127_009377.html
子育て世代の家計をこれでもかって痛めつけている訳ですから
少子化をなんとかしようなどとは、一毫も考えていないと思われます。
お金が回ってきたら、使い道なんて困るほどあるわけで。
どうも日本人の多くは、
清貧とか
質素倹約とか
節約とか
そういったことが、良しとされ、人としての理想とされる
雰囲気があります。
何故でしょうね?
消費増税も勿論大打撃だけど、それ以外にもちょいちょい増税されています。
年少者扶養控除の廃止もありました。
子ども手当(旧児童手当)も縮小されました。
私の住む市では、市長から「文句があるならかかってこいっ!」
という意味の文書が届きました。・・・次の選挙で彼に投票しないことは
確定していますw

さてさて、ダイヤモンドオンラインにこんな記事がありました。

消費税増税で家計の負担はどう変わる?(上) 
片働きに「重く」、共働きに「軽い」実態 


出典:
http://diamond.jp/articles/-/49797
http://diamond.jp/articles/-/50010

表だけ抜粋してます。
そのままの画像だと読めるかどうか微妙な感じですが
年収500万円で片働きだと、実質可処分所得が

2011年で434万円あったものが
2016年には403万円に減少します。

詳しくは記事をご覧いただくとして
状況としては、このような流れなのです。


さあ、さらに消費税10%ですか?
安倍総理、ご決断を!!

私なら消費税は廃止いたしますね。
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カウンター
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/03 ヤン]
[05/30 ヤン]
[04/26 ヤン]
[10/03 ICHI]
[12/15 口を閉ざした過去の人]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  晴時々曇一時雨  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Template by tsukika忍者ブログ [PR]