忍者ブログ

晴時々曇一時雨

高気密高断熱住宅に関する話題。 時事ネタなど。

"【家】住まい方"カテゴリーの記事一覧

  • ノロウイルス対策 というか対応の仕方
    ノロウイルス対策まとめ

    次亜塩素酸ナトリウムについて(化学的性質)
    http://www.aandt.co.jp/jpn/tree/vol_6.htm

    医療現場における次亜塩素酸ナトリウムの特性と有用性
    http://www.kao.co.jp/pro/hospital/pdf/07/07_04.pdf

    平成27年 ノロウイルス不活化の条件に関する調査報告書
    http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11130500-Shokuhinanzenbu/0000125854.pdf

    広島市 消毒液の作り方
    http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1265935032756/index.html

    広島市 ノロウイルスとは
    http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1265934252697/index.html

    四つ葉薬局 ハイターの濃度・希釈
    http://www.myphist.com/public/_upload/type010_1_1/file/file_13907309490.pdf

    ノロウイルスとは
     ノンエンベロープウイルス
     胃酸の中でも生き延び、アルコールや逆性石けん(塩化ベンザルコニウム等)などの薬剤が効かない。
     ノロウイルスの感染力は非常に強く、わずか10~100個のウイルスでも感染することがあるといわれている。


    感染経路
    経口感染、接触感染、飛沫感染、空気感染

    治療方法
     ない。OS-1をひたすら飲む。そして出す。

    予防方法
    1. 手洗い
    2. 食品の十分な加熱
    3. 消毒
    4. 患者の便、吐物の処理
    5.その他 症状がある間は、食品の調理をできるだけ控える。
     

    【ハイターの希釈方法】
      

    消毒対象必要な濃度希釈倍率薄め方
    便や吐物が付着した床やおむつ等1000ppm
    (0.1%)
    50倍4杯/5L
    衣服や器具などのつけ置き
    トイレの便座やドアノブ、 
    手すり、床等
    200ppm
    (0.02%)
     250倍 1杯/6L

       
     








    ハイターのキャップ一杯が、約25mL 濃度約5%
    なので、10Lぐらいのバケツを用意して、だいたいで調製する。
    効力が落ちるので、毎日つくる。
    ハイター1本200円もしないので、ケチる必要はない。



    ■トイレ
    便、吐物を流すときは、必ずフタを閉めてから流す
    飛び散って汚染拡大する。
    見ている場合ではないし、必要もない。
    用が済んだら、ハイター希釈液をスプレーして消毒しておく。

    ■子供が床等に吐いたとき
    濃い方(0.1%)ハイター液があれば、新聞紙・キッチンペーパーなどを浸し
    なければとりあえず新聞紙またはキッチンペーパーなどを上から被せ
    マスクと手袋を装着し、ビニール袋を二重にしたものの中に
    集め、入れる。
    吐物が残っていると乾燥した後、飛散して空気感染する
    タオルなどがまみれてしまったら、私は諦めて棄てる。
    ビニール袋は密閉して、室外に出す。
    このとき、袋の中にハイター液(濃い方)をいれて、ひたひたにしておくと
    いいようだ。
    ノロが離れたところに感染拡大するのは、こういうところから飛散・空気感染するのもあるらしい。

    ■触れるところ
    ドアノブ、蛇口、床、ドアなどは、薄い方のハイター液をつけた雑巾で拭きまくる。

    ■食器
    軽く洗ってから、薄い方のハイター液に10~20分漬けたのち
    洗う。

    ■服
    まみれているときは、諦めるw
    着用していたものにはウイルスが付着しているので、
    薄い方のハイター液に15~30分漬けてから洗濯する。
    あたりまえだが、色落ちする。特に綿。高価な服は着ないことをお勧めする。
    あくまで、薄めたハイター液につけるのであって、後からハイターをいれて
    漬けようとないこと。ひどいことになりますw

    ■換気
    可能であれば、一日に一度窓を開けて換気する。
    全熱交換器は、かなり怪しいw
    家中にウイルスを広めてしまう可能性有り。
    ていうか、インフルエンザは多分大丈夫、湿度高いから。
    ノロは多分ダメ。デシカントもロスガードも同じ。
    しっかり換気!エネルギーロスとかケチなこと言ってる場合ではない。
    とは言っても、発生源対策が最優先ではある。

    ■ハイター
    ハイターは、キッチンハイターでもノーマルハイターでもOK。
    ただし、ワイドハイターはNG!
    必要なのは次亜塩素酸ソーダであって過酸化水素水ではない。
    しかも混ざったら最悪なので、超注意!!!


    小さい子が床に吐いてしまっても、感染が広がらなかったら
    かなりの防疫マスター!
    我が家は全滅しました・・・。


    【コラム】インフルエンザウイルスの繁殖を抑える全熱交換
    http://air-labo.jp/blog/833.html
    PR
  • 春だ!そして梅雨や夏がやってくる!今夏の目標はコレ!
    この夏は、オーブルデザインさんで提唱されているコレ



    「浴室に排気型換気扇は要らない」

    http://homepage2.nifty.com/arbre_d/news/2014/2013_11_27.html



    をやってみようと思います。





    えっ?冬じゃなく?夏に?!

    って感じですが。



    とにかく、外壁にワザとあけるブチ穴はなるべく少ない方がいい!



    Q値だC値だ言ってみたところで、前提条件が多すぎて

    実際の生活の快適さをイマイチうまく表せてない気がする。

    拙宅の場合、その原因の多くは風によるものと思う。



    自然換気量は程度に差こそあれ、風速の関数だ。



    それに穴が空いていると外の音も良く聞こえる。

    外の音が聞こえるということは、当然なかの音も聞こえている。

    こどもとアホな歌を歌いながら入浴しているのがマル聞こえってのは

    ちょっと恥ずかしい。





    ブチ穴は

    1.ロスガードのOA、EA

    2.台所換気扇

    3.トイレ換気扇

    4.浴室換気扇



    の4つだが、1.のロスガードのOA,EA以外は

    将来的には必要なくなるだろう。



    ていうか、なくして欲しい。



    そうすれば、台風の時のドキドキ感も半減して

    安寧に暮らせる日がさらに増える・・・と。



    ついでに実生活上のC値向上で無駄がさらに減少!

    って、なってほしいな~。







    あ、ちなみに。

    浴室の乾燥に必要なのは

    大風量

    ではなく

    大風速

    ではないかと・・・。

    拡散層の薄さが、揮発速度に影響するから。

    浴室ドアの下のフィンが、浴室に向かって下がっているのは

    水が漏れにくいだけではないんじゃないかな?



    とはいえ、浴室全体を乾かすには結局大風量が必要になってしまう

    ってことかなぁ・・・と。
  • 【驚愕!】4回目の冬で初めて気付いた間違い!!
    年末の大掃除。

    お風呂場を天井から全てきれいに洗ってみました。
    給水口の汚れが結構ひどくて意外でした。

    で。外そうと思い、でも外し方がわからなかったので
    初めて取説を見たところ、驚愕の事実が!!w

    えっと、なになに?
    外気温が4度を下回ると、凍結防止のため
    配管内を循環運転・・・ので、お風呂のお湯を抜かないでください。

    !!
    「お風呂のお湯を抜かないでください」!!
    えぇっ!?

    これまでずっと、お風呂が終わったらそのままお湯を抜いてきました・・・(唖然)

    冬は風呂が早く乾くなぁ・・・。みたいな(アホ)


    ああ、凍結したりして故障しなかったのは「偶然」でしたか、そうですか。
    今年は特に寒くなりそうなので、気づいて良かったかも。

    教訓。

    冬は、お風呂のお湯を 朝 抜きましょう!