忍者ブログ
高気密高断熱住宅に関する話題。 時事ネタなど。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とりあえず、Crontabに登録して、CSVを生成するところまで
できました。
ここを参考に
http://deviceplus.jp/hobby/raspberrypi_entry_039/
ただ、普通にコマンドラインから実行すると
7行目
Dir path = '/home/pi/bme280-data'
がエラーになって実行できなかったので
コメントアウトしてしまいました。
結果としては、問題なく動いてます。
注:ラズパイ3のChromiumからアクセスしたら
アンダーバーが表示されてなかったので
Dirという関数になってしまっていて
エラーになってました。
今改めてコードをみると、Dir_pathという
変数は特に利用されてないみたいなので
コメントアウトで問題ない模様。
そして、Cronでまたハマる。
実行されない・・・。
0-59/10 * * * * /home/pi/bme280.py
では動作しなかった。
ので、
0-59/10 * * * * sudo python /home/pi/bme280/bme280.py
と、しました。
結果は問題なく動作。
ただし、精度に若干疑問が残る感じ。
精度が気になるなら、SHT-25使えって感じですが・・・。
今度はこのあたりをいじってみよう。
時刻は午前1時40分。
頭が冴えすぎて寝られず朝まで悶々としました。
う~ん、精度がぁ~、校正がぁ~
煮詰まってるな。
PR
パイでパイすることにしました
なんか欲しくなって買った raspbery Pi3。
一頃、子供の貧困の話題で、
「貧困ちゃうやん!」的な女の子のパクリではないが、
子供にパソコン買ってやりたいが、キーボードしか買えなかったのでw
ラズパイ3を買い与えようと思った次第。
よく考えると、中古のノートパソコンが一番CP高いワケだけど
そこはほれ、スクラッチとかプログラミングの勉強になるからね~と
言い訳してみる。
思えば、この手の電子工作は過去2度トライして、挫折している
ので、どうかなーと思うわけだが・・・。
結論から言うと、ばっちり出来ました!
やっぱり、シンギュラリティ近し!か?
ラズパイ3は、Debian GNU/LinuxベースのRaspbianというOS
が動き、結構普通のパソコンとして使えます。
ゲームとかは、負荷の低いものに限られますが、
計算機としては一流です。
でもって、センサーが普通に使えます。
機械学習で注目を浴びるPythonがインストールされていて
センサーとかも通常はPythonから操作することになります。
なので、ここはひとつ
Raspbery Pi3でPython3をやってみよう!
略してパイパイしよう!ってことで・・・。
それにしても、温湿度+気圧センサーが1000円とか
I2Cネイティブとかありがたや、ありがたや。
以前のセンシリオンのセンサーは変態I2Cだったから
もひとつ面倒だったし、実装も難しかった(小さすぎてハンダ付けとか特に)。
それに高価だった・・・。
おんどとりのセンサーが一諭吉とか、ありえんね。
もっと安くしようと思えば、パイゼロを使うとか。
電池駆動で便利にとおもえば、ラズライト・・・なわけだけど
こっちはまだオイラには無理だな。
でも、最終的にはラズライトでつくりたいです。
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カウンター
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/03 ヤン]
[05/30 ヤン]
[04/26 ヤン]
[10/03 ICHI]
[12/15 口を閉ざした過去の人]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  晴時々曇一時雨  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Template by tsukika忍者ブログ [PR]