忍者ブログ
高気密高断熱住宅に関する話題。 時事ネタなど。
 241 |  240 |  239 |  238 |  237 |  236 |  234 |  233 |  232 |  231 |  230 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

産経に掲載された田村秀男さんの記事が良くわかりません。
教えて、エロい人 (人∀・)


中央銀行である米連邦準備制度理事会(FRB)にドルを刷らせて、借金つまり国債の返済にまわすというアイデアだ。

ふむふむ。
それは、日銀もやりまくってる・・・かな?
日銀の場合は、銀行から国債を買い入れ、銀行の当座預金に円を
預け入れる。
量的緩和、マネタリーベース積み増しですよね。

ん?FRBもMBがんがん積んでたけど、どうやっていたんだろう?

 FRBは既存の金融政策の枠組みのもとでドルを刷って市場に流通する米国債を大量に買い上げてきた。トランプ案はこの仕組みを曲げて、FRBがドルを刷って国債の償還に踏み切るわけである。となると、政府は債務から解放されるばかりか、新たに発行した国債もFRBが発行するドルで元利払いが行われる。

???
FRBがドルをすって国債の償還に踏み切る?
国債を償還するためには、額面の金額を通貨で払えばいいのかな?
よくわからないけど、発行主体が償還するんだよね?
米国債はFRBが発行しとるんかい?
・・・よくわからないな。
そんなことしなくても、FRBが全部買い占めればいいんじゃない?
FRBの利益は国庫に帰らないのか??
よくわからないな。

国債は通常、税収を担保にしているから投資家に信用されるのだが、「紙幣輪転機を回してあなた方への借金を返す」と言われて「はいそうですか」と受け入れるお人よしがいるだろうか。

いや。
担保になっているのは税収なのだろうか?
通貨の信認論になっていくから避けたいけど、そうじゃない気がする。
国債とは言うなれば借金の証書なのだから、輪転機だろうがなんだろうが現金にしてくれるならそれでいいんじゃない?
すんごいドル安になりそうだけど。

むしろ、米国債の軛から脱することができるなら
ウェルカムなんじゃなかろうか?


以下引用


2016.5.28 10:00
【お金は知っている】トランプさん債権国日本をナメたらいかんぜよ


米国債の流通残高の推移
 作家の石原慎太郎氏と亀井静香衆院議員は米大統領選で共和党の最有力候補、ドナルド・トランプ氏に対し、「なめたらいかんぜよ」(石原氏)、「米国のエゴがある」(亀井氏)と反発している。(夕刊フジ)

 亀井氏は「残る政治家人生を賭ける」と言い、いくつかのルートを使ってトランプ陣営に働きかけ、「トランプではなく、花札を持っていつでも会いに行く」と腕まくりする。

 両氏が問題にしているのは、トランプ氏の在日米軍全額負担要求、日韓の核武装容認や日本製品に対する高関税の主張などだが、国際金融市場関係者が「世界不況を引き起こす」と恐れている発言もある。

 中央銀行である米連邦準備制度理事会(FRB)にドルを刷らせて、借金つまり国債の返済にまわすというアイデアだ。FRBのイエレン議長がそれを拒否すれば、首をすげかえる、とまでトランプ氏は公言するほどご執心だ。

 この案は荒唐無稽だとは切り捨てるわけにいかないし、妙に現実味がある。シカゴ大の故ミルトン・フリードマン教授の弟子、ベン・バーナンキ前FRB議長が提案したことがある「ヘリコプター・マネー」政策に似ているからだ。ヘリマネーとは中央銀行がカネを刷ってヘリから民間に向かってばらまく、というフリードマン教授作の寓話(ぐうわ)に基づくが、要は財政資金を中央銀行が創出し、供給する。トランプ案は粗野だが、その範疇(はんちゅう)に入る。

 FRBは既存の金融政策の枠組みのもとでドルを刷って市場に流通する米国債を大量に買い上げてきた。トランプ案はこの仕組みを曲げて、FRBがドルを刷って国債の償還に踏み切るわけである。となると、政府は債務から解放されるばかりか、新たに発行した国債もFRBが発行するドルで元利払いが行われる。

 「トランプ政権」が実際に発足すれば、米国政府は債務を増やさずに国債を発行し、中間所得層以下への減税財源とすることができる。白人中間・貧困層の救済をうたうトランプ候補にとって魅力十分だ。

 トランプ流ヘリマネー政策で予想されるのは、外国の対米債権国の狙い撃ちだ。グラフは米市場で流通する米国債の発行残高である。その6割近い6・1兆ドル(約668兆円)を外国当局・国際機関が占める。

 国債は通常、税収を担保にしているから投資家に信用されるのだが、「紙幣輪転機を回してあなた方への借金を返す」と言われて「はいそうですか」と受け入れるお人よしがいるだろうか。

 中国なら、トランプ氏が大統領候補に正式指名されたら、さっさと米国債を売り逃げるだろうが、日本は同盟国として、中国にすぐに同調するのはためらうに違いない。

 外国の米国債保有は、中国が1・2兆ドル(約131兆円)で世界最大、日本が1・1兆ドル(約120兆円)で次ぐ。日中とも米国債を見限れば、米国債は暴落、株式市場にパニックが広がる。トランプ氏に対し、「債権国日本をなめたらいかんぜよ」となるだけ早く警告するしかない。 (産経新聞特別記者・田村秀男)
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
新聞記者のレベルも様々
どこぞの受け売りをツギハギしたので意味不明な記事になってるんでしょうね。
貨幣の価値は、供給力÷貨幣の量で決まってると思いますが、供給力は、需要に引っ張られて増えるので、需要作りに貨幣を増やす→国債増やすのは問題ないと思っとります。
ヤン 2016/05/30(Mon)03:38:18 編集
Re:新聞記者のレベルも様々
いつもお気に掛けてくださり、たいへんありがとうございます。

>貨幣の価値は、供給力÷貨幣の量で決まってると思いますが、

なるほど!
貨幣の価値というか所謂信用というのは、供給力=国力と比例関係にある
と感じていましたが、貨幣の量で除すところまで考えが至りませんでした。
ぶらっくすわん   2016/05/30 13:05
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カウンター
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[06/03 ヤン]
[05/30 ヤン]
[04/26 ヤン]
[10/03 ICHI]
[12/15 口を閉ざした過去の人]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  晴時々曇一時雨  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Template by tsukika忍者ブログ [PR]