忍者ブログ

晴時々曇一時雨

高気密高断熱住宅に関する話題。 時事ネタなど。

防災シリーズ 8 災害を予測する(南海トラフ地震の発生予測)
地震対策を急いできたのは、
いろいろな観測結果からの予測があったから。

自分勝手に11日発生と決めつけて
準備をしてきた。

アホな。と思われるかも知れませんが、
いつ起こるか分からない=ずっと起こらない
となり、結局準備も対策もすすまないのが
多くの人の陥る罠なわけで、そういう意味で
いついつ発生!!と勝手に決めつけて
それを〆切りに頑張るのが、対策をすすめるコツかもしれない。


さて、
一般社団法人地震予兆研究センターなる機関がありまして
7月下旬の南海トラフ地震の発生が予測されています。

http://eprc.or.jp/info/20180709

的中率は、およそ8割とのこと。

他にはMEGA地震予測の有料メルマガや
気象庁のデータ
国土地理院のデータ
など、Watchしているわけですが、
7月に起きないとしても
危険度はかなり高いように思います。

なので、とりあえず万全の体制で
7月下旬を迎えたい。

人事を尽くして天災を待つ。

なんて、不謹慎でしょうか?
拙ブログは、読者も少ないので
せめてこれを読まれたかただけでも
万全の準備をしていただければなと
願いを込めて。

南海トラフ地震は、まだ序章かもしれへんよ?


http://www.gsi.go.jp/kanshi/index.html

ちなみに、国土地理院にこんなデータがあります。
WMV形式の動画がありますので、ご覧下さい。

PR

コメント

コメントを書く