忍者ブログ

晴時々曇一時雨

高気密高断熱住宅に関する話題。 時事ネタなど。

公明党との関係が清算出来ないワケ
自民圧勝から二日経過。
すこし、興奮も冷めてきた頃。

今回の選挙では、とくに自民党への風が吹いていたわけではない。
ただの揺り戻しである。
そんな中、小選挙区選挙戦において公明党の組織を利用した
運動が効果を上げていた。
公明党の選挙協力がなければ、当選の危うい自民党議員も多かっただろう。
 
公明党との協力関係を無くせと主張するのは簡単だ。
だが、そのためには誰かが代わりを務めなければならない。
もし、本当に自民党と公明党が離れて欲しいなら
自ら先頭に立つ必要があると思うが、そこまでの本気ではない人が
ほとんどじゃなかろうか。
 
改憲を筆頭に政策では自民党と公明党の共通点は少なく
いつまで連立関係を続けられるかは微妙なところだ。
 
むしろ、日本維新の方が政策的には似通った部分が多い。
 
個別の案件に合わせて、その場その場で協力関係を築くなんてことが
果たして出来るのか?
 
いずれにせよ、今回の選挙で協力いただいた
公明党の皆さんには、素直に感謝しなければならない。
 
ご尽力いただき、本当にありがとうございました。

 

こうして恩や縁が出来ていくため、なかなか一筋縄で関係解消できないのが現実。

誰か他人に期待して「イライラ」するのではなく
自分が先頭で動いて「わくわく」する。


そんな人が一人でも多く必要だ!
PR

コメント

コメントを書く