忍者ブログ

晴時々曇一時雨

高気密高断熱住宅に関する話題。 時事ネタなど。

外気の臭いがロスガードから侵入?
今はもう心配なくなりましたが、田舎暮らしの私には
いわゆる「田舎の香水」問題とか
バーベキュー臭問題とかあったり…。

引っ越す前の木造アパートでは、野焼きの煙というか臭いが
すごく酷くて、なんとかしてくれよ…と思ったものです。

しかしながら、i-cubeに引っ越してからは、野焼きの臭いが
気になることはなくなりました。
また、春の田舎の香水も匂ってきません。
外に出たら、うわっ!ってなることはありますが。

ただ、ロスガードに消臭機能はありませんので
実際には取り込んでいるのだろうけれど、
家の隙間から外気が侵入する量が、普通の家に比べて
極端に少ないから、一時的であればそこまで気にしなくても
大丈夫のようです。
要は、換気量とどこから吸排気しているかの問題なのでしょうね。
隙間だらけの家は、無駄に換気量が多くて換気ムラも多いと…。


強烈に煙が直撃しているときには、SAから臭いがしましたので
ロスガードを切ったこともあります。
そのときは、臭い始めに気付いたので、家中が汚染されることはありませんでした。

いずれにしても、外気の臭いで悩まされる機会は、アパート時代よりは
減りました。

あと、関係ないですが、
できればロスガードの外壁側の給排気口は、屋根の下に
入れるなりしたいな…と。
雪とか横殴りの雨とか入ってきますね。
一条に質問したところ、それは実験済みで特に問題なかった
とのことでしたが、それでもちょっと気になりました。

また、夏に関して言うとOA(外気取り入れ口)からの空気は
外壁で暖められてしまうと思うので、その部分を日陰にするだけでも
多少効果がありそうな気はします。

そういう意味もあり、屋根をつけたいのですが先立つものが…orz
PR

コメント

コメントを書く