忍者ブログ

晴時々曇一時雨

高気密高断熱住宅に関する話題。 時事ネタなど。

外気温湿度の測定について
拙宅では、室内及び外気の温湿度をモニタリングしています。

で、たまにデータを吸い出して眺め、i-cubeの高性能ぶりに
うふふとほくそ笑むワケですwww

あ、いや、そうじゃなくて。

外気の測定結果が甚だ疑問で、室内に持ち込んでも
他の温湿度計と全く違う湿度を示していました。





こりゃ、センサーを買い換えないとダメかな~、などと思って
値段を調べてみると…。

拙宅で外気測定している機種はT&D おんどとりの 77Uiという機種でして
センサーの堅牢さと敏感さにおいて、普通の機種より一段上の性能を
もった機種なのです。

で、センサー価格はずばり1万7千円!

た、高いよ!おまえさんっ!
というわけで、清掃を試みてみました。

すいません、文字ばかりで(;^ω^)
写真はないですw

構造は簡単なのでネジを外してセンサーを露出し
湿らせたティッシュで拭いただけです。

たったこれだけで、あ~ら不思議。
他の温湿度計とほぼ同じ数値を示すようになりました。
センサーが汚れていたのですね。


外気温湿度の測定は、奥が深いです。
今回のようにセンサーが汚れて、まともに数字を出さなくなることもあります。
比較的安定している温度測定でも、日光や輻射熱の影響をもろに受けますので
設置場所には細心の注意が必要です。
だからといって、理想的な場所において体感や現実と合わない数字を拾われても
本意ではありませんし…。

冬から春にかけて、結露(霜とか露)問題もあり
いろいろ悩ましい測定ですね。
PR

コメント

コメントを書く