忍者ブログ

晴時々曇一時雨

高気密高断熱住宅に関する話題。 時事ネタなど。

宝くじと投資の違い
日経ダイヤモンドとか、最近は経団連系の雑誌も
読まないんですけど、こんな記事がありました。


宝くじは好きだけど、投資はキライな日本人
お金に対して、もっと自分で考えよう!
http://news.goo.ne.jp/article/diamond/business/2012040612-diamond.html?fr=rk

だそうです。

単純に宝くじと投資の違いは何か
「自分の頭で考え」た結果がこうなったわけですか…と思う次第。
最大の違いは、額の多寡。

宝くじなんてせいぜい1万円程度ですけど、
投資となれば100万円以上になることもザラ。

というか、安全に投資しようと思えば思うほど
ある程度まとまったお金が必要になる。
それなら、いっそ個人国債で日本に投資という手すらある。
それでも、宝くじと比べれば金額は違うでしょ?

もうひとつ。

宝くじの場合は、リターンがだいたい-90%(300円10枚で300円が一枚当る)
でほぼ固定。
なので、買う前から損失を見込むことができる。
というか、当ることを願いながらも当るとは思っていないw

しかし、投資となればどうだろう?

ちょっとした変動で10万20万は軽くどこかに飛んで行ってしまう反面、
一度負けると取り返すのは至難の業になる。

そんなことを考えながら記事を読むと
一時期財テクブームに踊らされた人が多かったことを懐古しながら
「ああ、プロパガンダ巻き散らかそうとしているのね…。」
と、思いました。


蛇足ながら、寄付云々言うんならご自分の寄付金額を明かされてもいいんじゃないでしょうかね?
お金を増やすことしか考えていないのか、社会のことを考えているのか不明な内容…。
結局何が言いたかったのかな?
貯金をやめて株式投機しろと言う宣伝=プロパガンダ?

他人に投資する前に、自分とか子供に投資してもイイんじゃないかな?
PR

コメント

コメントを書く