忍者ブログ

晴時々曇一時雨

高気密高断熱住宅に関する話題。 時事ネタなど。

熊沢蕃山と地方創生
熊沢蕃山の大学或門が手に入ったので
・・・と言っても活字版ですがw
興味深く読んでいます。

中でも私の琴線に触れたのは、米と貨幣の交換レートを市場ではなく
幕府が定め、銀貨金貨と同様に通貨として使用できるようにする
と言う部分です。

年貢として米を取り立てて、江戸や大坂で貨幣と交換しないと
何も買えないので、無駄に米が集まる一方で、地方は疲弊し
下士階級や農民は貧困に喘ぎ、苦しんでいる。

蕃山というと、農兵政策や治水が注目されがちですが、
地域通貨的な発想で、米を通貨の代わりにするというのは、
興味をそそります。

金銀と違って 、莫大な蓄積が困難なこと、ひょっとすると
減価すること、など經濟の活性化、富の偏在の解消など
期待できるのではないでしょうか?

私自身、考えがまとまっていないので
もう少し熟読して考えようと思います。
PR

コメント

コメントを書く