忍者ブログ

晴時々曇一時雨

高気密高断熱住宅に関する話題。 時事ネタなど。

言いにくいことも書いてしまうw
開口部と壁の熱還流率の差について

i-cube、i-smartの場合、特にその差が顕著ですね。
ハニカムつけようが、なにしようが
窓の部分の断熱性が壁に敵う訳はない。

一条が採用しているlow-e 2枚ガラスアルゴン入りサッシだろうが
トリプルサッシだろうがである。

i-smartで大開口部が可能になりました…か。

まさか北側に大開口する人もいないと思うし、
軒が長いデザインも考えにくい。

素直に思うことを言うとですね。

「窓は少なく、面積も狭く」というのが吉であって
大開口部で大量の日射含めて熱を流入させて
果たして快適な夏を過ごせますかね?

ああ、扇風機しか使わないのですね…。
私にはマネできませんな。

ま、外構で対処する場合もあるでしょうから
一概には言えないのかも知れませんが、
冬に関しても流入する日射を活用するより
断熱を良くして熱を逃がさない方が快適に
暮らせます。

流入する熱―逃げる熱
がプラスになる時間帯が果たしてどれだけあるのか?

何事も、ほどほど。控えめがよろしいかと…。
PR

コメント

コメントを書く