忍者ブログ

晴時々曇一時雨

高気密高断熱住宅に関する話題。 時事ネタなど。

防災シリーズ 5 防災と財政2(豪雨災害を受けて)
平成30年7月6日~8日の豪雨で被災された方々に
謹んでお見舞い申し上げます。



以下、藤井先生のFB投稿より
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
死者が確認ているだけで・・・50名を超えました。不明者は76名。特に広島、愛媛の被害が激しくなっています。
実感の持てない西日本以外の方は是非、下記記事の「動画」をご覧下さい。
・・・・かつての広島での土砂災害被害は「事前に計画されていた砂防堤防」さえ完成しておけば、鬼怒川の決壊での人的被害も「事前に計画されていた河川改修事業」さえ完了しておけば、それぞれ甚大な被害は、ほぼ完璧に回避できていたに違いない、と技術的に指摘されています。
今回の50名を超えるお亡くなりになった方々の命の内、「現在計画されていた災害対策」が、もし仮に、きちんと「完了」していたとすれば、どれだけ救えたのか、逆に言うなら、そんな対策を遅らせた「緊縮財政」によって、どれだけの方の命が失われたのか・・・・これからの災害被害を最小化するためにも、こういった視点で、事後検証を図ることが強く求められています。
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

国の借金、国の借金と
ありもしない財政危機を煽られて、信じてしまったひとたち。

是非、騙し続ける財務省を糾弾してください。

よろしくお願いいたします。

予断ですが、しれっと千葉で震度5(M6)の地震が起きてます。
スロースリップが発生しているといわれていた地域です。
ご注意を!
PR

コメント

コメントを書く