忍者ブログ

晴時々曇一時雨

高気密高断熱住宅に関する話題。 時事ネタなど。

自分の意見を表明し、政治家の意見が変わるとき
まったくつまらない話ではありますが、(といっては失礼なのだけど)
政治家の方とお目にかかって話をする機会がありました。
その方の専門は外交・軍事でしたが、経済政策的には私と同じリフレ派で
意気投合したのです。
こと政治に於いて、(もちろん政治に限らず)意見が良く一致する人などというのは
実際にはほとんどいませんが、珍しくいろんな見方が一致する方でした。
ある意味気持ち悪いほどにw
 
で、解散時期について9月解散というのがそのかたの見方で、
3党合意で約束したことだからという理由だったのですが、
私は今までの民主党のパターンから見て「嘘」だろうという見方を
示しました。
 
その後、10月解散という報道がなされ、自民・民主とも代表選の後に
解散という話が出てきて、やっぱり約束は反故にされるようだという
見方に変わったのでした。
 
私は、谷垣さん的には 増税>解散 という不等号が成り立った
んだろうと思います。
まじめな人ほど、この「すぐにでも増税が必要」という罠にひっかりますね。
あるいは、「国の莫大な借金」の罠ですか?www
そう、最初から谷垣さんは解散を期待していなかった。
 
選挙があれば、自民党の中にも落選させるべき議員がおりますので、
しっかり選んで送り込むべきですね。
そして、選んだことに対して結果と責任がついてきます。
 
それにしても、マスコミの民主党キャンペーン=セイケンコウタイキャンペーン
に対する、結果と考察及び謝罪はまだですかね?
 
えっ?無責任マスコミにそんなもの期待するなですと?
 
ごもっとも(~_~;)
 
 
とはいえ、政治家に直接意見を届ける手段は、
インターネットのおかげで格段にやりやすくなっています。
そして、意外と気にしているということもよくわかります。
なので、めげずに意見を送り続けましょう。
 
いままでは、左のお方の独壇場でしたが、そうでない人にも
それほど手間をかけずにできますよ。
 
今度こそ、いい方向にCHANGE!!CHANGE!!
 
 
 
PR

コメント

コメントを書く