忍者ブログ
高気密高断熱住宅に関する話題。 時事ネタなど。
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |
馬鹿の一つ覚えのように、「実質賃金」「実質賃金」と連呼・・・などと言ったら失礼ですね。
確かに実質賃金の減少や伸びないことは、大きな問題ではあります。

駄菓子菓子! 

こりゃなんだ???

国立大授業料、54万円が93万円に 2031年度試算
朝日新聞デジタル 12月2日(水)9時8分配信

 文部科学省は1日、年間約54万円の国立大学授業料について、2031年度には93万円程度に上がるという試算を示した。大学の収入の核となる国の運営費交付金が大幅に減らされる可能性があり、大学が減らなければ、授業料で減収分を賄う必要性があるという。

 財務省は、全86国立大学の収入の3~4割を占める運営費交付金約1兆1千億円を31年度までに約9800億円にする方針だ。この日の衆議院文部科学委員会の閉会中審査で、畑野君枝委員(共産)が、減収となった際の対応を尋ねた。

 文科省の常盤豊・高等教育局長は「授業料で賄うとして試算すると(31年度には)約93万円。年間2万5千円の値上げが必要」と答えた。馳浩文科相は「学生になるべく教育費負担をかけないようにする必要がある」として、来年度予算で交付金の額を充実する考えを示した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151202-00000019-asahi-soci


抑も大学の授業料は、私学に合わせるという名目でうなぎ登りに上がってきた。


http://nenji-toukei.com/n/kiji/10037/%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E6%8E%88%E6%A5%AD%E6%96%99

もはや、理由なんてどうでもよくて、とにかく値上げ!としか見えません。

個人的には、大学の数はもっと減ってもいいと思います。
猫も杓子も進学しなくていい。

ただ、才能のある人には、むしろ無償で学問をさせてあげてもいいのではないか?
そう思います。
あとは、本末転倒状態の解消ですな(´・ω・`)
日本国の世話になって学問したのを、自分の実力のみと勘違いし
平気で国を裏切るような技術者なり學者を育てても仕方ありません。
所謂「學問」=「本学」・・・人としての生き方、あるべき姿、徳性向上を学ばなければ
末学ばかりで、国力は衰えましょう。

徳は本なり、財は末なり です。

そうしないと、こんな格差固定・金持ちしか教育受けられませんの状態を
一生懸命つくる役人のような人間ばかりになってしまいます。

困ったことです。

さて、大学の学費だけでなく幼稚園・保育園の保育料も倍増です。
あなたの自治体はいかがでしょうか?


札幌市、保育料など激変緩和拡大 負担増広がり危機感
11月25日 07:30北海道新聞

札幌市、保育料など激変緩和拡大 負担増広がり危機感
 国の制度変更により、子どもの多い世帯の保育料などが上がった問題で、札幌市の秋元克広市長は24日、認可保育所とともに、幼稚園も激変緩和措置の対象に加える方針を示し、踏み込んだ対応を印象づけた。市の調査が進むにつれ、問題の影響が予想以上に大きいことが分かったためだ。ただ、恒久的な支援は困難との立場は崩さず、今後の入園者については、国に制度是正を求めていく考えだ。

 「国の制度に伴って、急激に保育料が高くなることを臨時的に避けたい」。秋元市長は24日の記者会見で市の立場を端的に語った。

 一連の問題は、子どもが多いほど所得を差し引いて算定し、保育料が安くなる年少扶養控除の考えを、国が本年度から撤廃したために生じた。秋元市長は今月5日、18歳以下の子どもが3人以上いる世帯について、認可保育所の保育料で独自に控除を適用(みなし適用)するとともに、差額を返還する意向を示していた。今回は新たに私立、公立幼稚園の在園児の支援にも言及した。市長が“軌道修正”を図ったのは、市が保育所と並行して進めた幼稚園対象の調査で、保護者の負担の重さと広がりが予想以上だったためだ。

 新制度に移り、札幌市の保育料を基準とする幼稚園42カ所で、負担増となるのは計175世帯。単純計算では在園児1人で月7千円余り値上がりする例もある。一方、旧制度の枠組みで入園時の世帯に補助金を出す幼稚園は99カ所。控除がなくなることで、園児約1千人分の補助金が減り、1人平均の減額は年額約3万円と見込まれるという。

 札幌市私立幼稚園連合会の前田元照(げんしょう)会長は「補助金は年度末に支払われるため、まだ保護者の間で問題が表面化していなかった。市が早く対応してくれたのはありがたい」と評価する。

 また、市は認可保育所の激変緩和も当初は3月末までの入園児とする予定だったが、幼稚園の保育料と同様、9月1日時点の在園児に広げることにした。対象は当初の748世帯から1115世帯に増えた。

 ただ、激変緩和は幼稚園の補助金で2016年度まで、幼稚園と保育園の保育料で17年8月まで。市長自ら「根本的な制度の問題は残っている」と認める通り、激変緩和の対象にならない新規入園児は年少扶養控除の考え方が適用されず、多子世帯の負担は高止まる。

 札幌保育連絡会の金倉かずさ事務局長は「対象世帯を広げてくれたのは評価したいが、来年度以降の多子世帯が対象にならないのは子育て支援に逆行している」と話す。子育て支援の強化を公約に掲げる秋元市長には今後、道内外の他都市とも連携し、制度是正を訴える力をどこまで大きくできるかが問われそうだ。(根岸寛子)
http://news.goo.ne.jp/article/hokkaido/region/hokkaido-201511257860.html



私の住んでいる自治体でも、年額7.2万円が16.6万円になりました。
9万円以上の実質可処分所得減です。
こういうのは、何故かニュースになりませんが、全国的な傾向のようです。

どんどん少子化するでしょうな!

そろそろ、平成の大塩平八郎に財務省へ討ち入りして欲しいところ。

本当に
馬鹿じゃねーの?

そして、もっと困った人達は・・・。
もう、自国民を教育するのはお金がかかるからやめて
移民でいんじゃね?とか、言ってます。

言葉は非常に悪いですが、

タヒねっ!

と、思わずにはいられません。

↓コレです
 アジアのIT人材確保へ 経産省、年1千人受け入れ目標
11月17日 05:29朝日新聞

 経済産業省が、インドやベトナムなどアジアのIT系大学卒業生を年間1千人規模で受け入れる体制づくりに乗り出す。あらゆる製品やサービスがインターネットにつながる「モノのインターネット(IoT)」や、人工知能(AI)の本格普及に備える狙いだ。

 日本の「コンピュータソフトウェア協会」(CSAJ)の会員企業約35社や日本語学校の業界団体と17日、留学生の受け入れを支援する協議会を立ち上げる。インド政府などから大卒IT人材の推薦を受け、日本語学校への留学や日本企業への就職をあっせんする。留学中にアルバイトやインターンシップを進める仕組みも検討する。2016年度は約1千人の受け入れをめざす。

 経産省によると、日本の情報サービス業の従業員数は約100万人で、うち外国人は約3万人。IoTやAI、ビッグデータなどの利用が世界的に急拡大するなか、国内のIT人材数は頭打ちで、人材確保が急務となっていた。政府は20年に外国人のIT人材を6万人に倍増させる目標を掲げており、インドやベトナムなどからの人材獲得を本格化させる。

 また、日本のIT産業はソフトウェアの受託開発に事業が集中し、重要性が高まっているITのセキュリティー対策を担う人材は足りないとされている。経産省は年内にも、国内のIT人材の実態を調べる研究会を発足し、人材を流動化してミスマッチを解消するための対策を来年3月にもまとめる方針だ。(高木真也)

http://news.goo.ne.jp/article/asahi/business/ASHCJ4SJSHCJULFA01F.html

安倍総理になってから、
決められる政治とか言って、めちゃくちゃなことばかり

なにが、GDP600兆円やっ!
豆腐の角で頭ぶつけて死んでからにせいやっ!

・・・今日は、吠えてしまった。

最近、あまりにも政治が酷いです。
PR
以前、労働運動が労働分配率を向上したという意味の文を書きましたが、
間違っていました。
憶測で書いてしまい、申し訳ありませんでした。
実際には、そのような裏付けのとれるデータは見つかりませんでした。

ただ、いろいろ調べるうちに、興味深い統計が見つかったので、後日詳細に紹介したいと思います。

さて、労働分配率は企業の規模によって大きな差があり、中小企業では高どまっています。
大手では、景気の改善にともなって下落しています。
このことは、その賃金の差からみて中小企業には、賃上げのための十分な利益が確保できていないことが多いことを示唆していると思います。

安倍首相が最低賃金1000円とか言ってますが、
ちょっと危険ではないでしょうかね?

共産党宣言に関して言えば
ブルジョアジーとプロレタリアートを
法人に拡大適用することはできないのでしょうか?
や、単なる思いつきですが。
それにしても、突っ込みどころ満載で読むのに疲れる本ですw
来るべきものが、来たのでしょうか?

アベノミクス「再考の時期」=2期連続マイナス成長で―米紙
(時事通信) 09:46
 【ニューヨーク時事】米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは17日付の社説で、2四半期連続のマイナス成長に陥った日本経済について、安倍政権の経済政策アベノミクスは成果を上げておらず、「再考の時期に来ている」と論評した。
 同紙は、アベノミクスの「3本の矢」に関し、財政政策は政府債務を膨らませており、金融緩和策では銀行貸し出しが増えずにデフレが続いていると指摘。さらに、成長戦略の要である構造改革についても「(雇用制度柔軟化へ向けた)労働市場改革に失敗した」などと酷評した。  また、政権が約束した構造改革が果たされないことに強い懸念を示し、「アベノミクスは古いシステムをてこ入れしている」と結論付けた。
http://news.goo.ne.jp/topstories/business/637/4ed70fe7b0c644cca4f245ede502f2c5.html?isp=00002


えっと、要約しますと
「アベノミクスがうまくいっていないのは

構造改革が足りないからだ!」( ー`дー´)キリッ

ズサ━━━━⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡━━━━!!

なにか期待した私が、馬鹿でした。
相変わらず、根拠もない印象だけの記事ですね。
結局アメリカ(企業)様の利益が全て!ということですか。

弁当食べながら笑わせて頂きました。

ありがとう、WSJ。

でも、もっと品のいい笑いの方が好みでございます。
倉山さん・上念さんと三橋さん・藤井さんが
なんだかどろんこ祭り状態・・・。

えっと、そこ喧嘩するところなんですか?

って、感じで。
正味、何が対立軸なのかよくわからない。

まあ、安倍マンセー VS 是々非々
の対立のような気もしなくもない。
本人達は恐らく否定するだろうけど、
傍目にはそんな感じに見えますね。

解決しようとする問題は何か?
どう解決するのか?

という部分だけ見ればいいんじゃないかと・・・。



そもそも消費増税は間違い。
これは共通している気がする。
そして、さらなる増税も間違い。
これも共通だよね。

で?

マンデルフレミングモデルがどうのこうの・・・。
う~ん、それはちょっと本筋とずれてきているというか

1.金融緩和は必要 でも 財政出動は不要というか無理
2.金融緩和は不要 でも 財政出動は必要且つ可能
3.金融緩和は必要 でも 財政出動も必要且つ可能
4.金融緩和は不要 でも 財政出動も不要というか無理

だいたい 「3」 の人が多いんじゃないかな?

藤井センセも三橋さんも 「2」 じゃないと思うんだな。

あとは、財政出動の中身かな?

土木関連中心の公共投資について
人手不足(?これにも疑義があるようだが)などの供給制約
にたいする考え方の部分で

1.外国人労働者の受け入れ拡大
2.移民反対

の対立軸はあるだろうか?
このあたりは、多少あるような気がする。
私は、「2」の意見
「1」は外国人を安価な単純作業労働力としか考えていないのが
丸見えで、失礼千万。あ、左翼っすからw
それなら最初にやるのは少子化対策でしょ?
ああ、少子化対策とか言うからおかしなことになるのか・・・。
これだと少子化は諦めてる感じするもんね。
出生率向上政策の方がストレートだけど、
・・・何もしてないよね?

私はむしろ女性が建設の現場で働けるぐらい改善すれば
全然人手不足じゃなくなると思う。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1401/06/news028.html
パナのパワードスーツ。おいら、これ欲しいぞ!
現場作業が楽しくなりそうだ。
日焼け防止バイザーとか、スポットクーラー搭載!とか
夢は膨らみますな・・・。

国が助成金を出せばいいよ。

建設現場の装備って基本的に本人持ち(自腹)だから
個人で買ってペイできるぐらい給料が上がる必要があるけど
作業効率もアップしないかな?

あとは、国防費の大幅増額。
国産ステルス戦闘機の開発。
日本版グレートファイアウォールの設置(これも国防費かな?)


閑話休題。

安倍ちゃんがTVで「移民反対」って言った~とか
喜んでる人もいるようだけど、
行動こそ本音!
彼の行動を見る限り、そんなふうに考えているようには見えないな~。
最近、記事を書いてもすぐに公開しないため

忘れてしまって機会を逃す、溜まるという悪循環です。





まぐまぐ!の宣伝メルマガに面白いタイトルがあったので

とりあげてみました。



大前研一のニュースの視点

http://www.mag2.com/m/0000140789.html



からとのことです。



以下、まぐまぐ!から一部を引用。



【農協会員のメリット/今は長期ローンを組む絶好の時期】

(略)

一方、国内銀行の貸出金利も低下しています。
日銀が発表した統計によると、国内銀行が昨年12月に実行した貸出のうち、期間1年以上の平均金利は前月比0.002%低下し、0.867%と過去最低を更新しました。
日銀は銀行の貸出増加支援に向け、0.1%の低利資金の供給拡大を決定しており、貸出金利は一段と低下する可能性があります。
長期ローンを組むには、今は非常に良い時期と言えます。


それはどうでしょう?


私は今後の経済情勢を鑑みるに、その提案には懐疑的です。



今後、アベノミクスが失敗すると金利が急騰する恐れがあります。

それはないっ!w

むしろ、これまで不発(不完全燃焼?)に終わっているから

低金利が続いているのであって、成功した暁には金利上昇するでしょう。

黒田日銀総裁が言うように量的緩和を『年間60~70兆円』ずつ増やせば、ハイパーインフレになる可能性もあります。



完全に意味不明です。

物が売れずに有り余る状態で、お金だけ刷ったからといってハイパーインフレとかまったく意味不明。過程も定義も曖昧に危機を煽って商売しようという魂胆なのかしら???
その意味でも、今のうちに長期的なローンなどを組んでおくのは、庶民の知恵だと思います。
【マウントゴックスの問題は、不正アクセスではない】
(略)

今の段階でよくそこまで断言できるなぁ~と。

不思議です。



既にハイパーインフレしてるものが一つだけあるとすれば

それは大前研一さんの信用ではないかと・・・。
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カウンター
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
4
5 6 7 9 10 11
12 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[05/11 ヤン]
[06/03 ヤン]
[05/30 ヤン]
[04/26 ヤン]
[10/03 ICHI]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  晴時々曇一時雨  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Template by tsukika忍者ブログ [PR]