忍者ブログ

晴時々曇一時雨

高気密高断熱住宅に関する話題。 時事ネタなど。

"雑記"カテゴリーの記事一覧

  • 消費税 マイナス1%の衝撃
    以下妄想ですが、お付き合いください。
    最近、いいことないときに幸せな妄想をしてムフフとしております。

    想像してみてください。

    消費税 マイナス1%
    というのは、現行の8%から1%減らすという意味ではなく
    額面通りマイナス税率にするということです。

    想像してみてください。

    税抜き価格1000円のものを買うと
    税込み990円になるのです。

    なんというお得感!

    200万円の車なら今なら216万円になってしまうところが
    198万円になります。
    差額で家族旅行行っちゃう?

    3000万円の家なら今なら3240万円になってしまうところが
    2970万円になります。
    もう、ついでに車も買っちゃえーっ!

    マイナス金利なんかより、ずっと直接的で
    強烈なインパクトがあり
    確実に景気良くなります。

    誰か経済効果試算してみてくれないかなぁ。

    某輸出企業さんはたいへんになるかもですが、
    消費税還付で儲けているわけでないなら問題ないですよね。
    PR
  • 世情に疎すぎ?月間Hanada・・・ってなに?
    古典とか古典的著作ばっかり読んでいると
    すっかり浮き世離れしてしまうようです。

    月間Hanada 創刊号!!
    らしい。
    残念ながら今の私には、あまり食指が動く記事は見あたらない。



    こちらはWill。
    あまり変わってなくて当たり前なのだろうけど
    折角だから変えてもいいんじゃない?デザイン。という気が。
    前任者への敬意なのかな。
    内容的にはこちらの方が好みです。


    中の人ではありませんが、忘れてはいけないこの雑誌。
    といいつつ忘れてましたがw
    上2紙も情報という面ではたいへん有用なのだと思いますが
    「表現者」には智性が感じられて好きです。
    以前は熱心にAMAZONにレビューしてくれていた人のレビューが
    最近はなくなって寂しい思いをしています。


    http://s.mxtv.jp/nishibe/
    西部邁ゼミナールでは、奇しくも武蔵の話題が!
    安岡先生の「日本精神の研究」でも取りあげられていて
    五輪の書でも読んでみようかと思っていた矢先でもあり
    興味深いです。

    小生が論壇に登場を待ち望む人達は、なかなか表に出てきてくれません。


    おまけ。
     

    マイナス金利で、すべて解決!


    (´・ω・`)

    ・・・・・・・・・・・・寝よう。
  • 安岡先生のお勧め著書
    最近、安岡正篤先生の若かりし頃の著書を読んでいます。
    お年を召してからの著作と違い
    とにかく熱い!

    なかでも特にコレ「日本精神の研究」です。

    戦前の本になりますので、通常ですと古書になってしまい
    しかも印刷が悪い上に漢字が難解で読むこと自体に疲れてしまいますが
    ありがたいことに再版本があります。

    中身は、ほぼ総ふりがな付きで、読むだけならすらすら読めます。
    意味がわからないときは、さくっと調べられます。




    残念なのは、ふりがながちょいちょいまちがっていること・・・。
    当用漢字に変換されているだけで感謝しなくてはいけないのかも。
    私は味わいが薄れる気がして、正字(旧字)を好みますが。

    ここで、紹介されている著書へとさらに智識の広がりを求めるも良し
    繰り返し味わうも良し。

    このあとは、「王陽明研究」を薦めておきます。
    ありがたいことにこちらも再版されています。
    1960年ですが・・・。



    私は、この中にある「大學」の解説が特に印象に残っていますね。

    どちらの本も戦前の本ですが、当事の世相を痛罵しており
    こんにち戦前をむやみやたらと美化する人達にも
    是非是非お読みいただきたいと思います。


  • 保守派=慎重派?
    保守とは、その定義から急進的に何かを変えようとする人のことではない。

    安倍総理は、所謂岩盤規制をドリルで破壊する!などと入ってしまうほど急進的である。
    加えて言えば既に数々の急進的破壊を繰り返してきた。

    よって、安倍総理は保守ではない。


    ただ、愛国者であることを否定し得ない。
    そういう意味では、シールズの人達も愛国者である可能性を否定できない。

    ・・・、同類?

    論理的には、そういう結論にはなりませんが。

    一方で、安倍総理に逆らえない保守議員もいるという。

    ・・・。これぞ保守の鑑!?

    おいっ!

    君、君たらずんば 臣、臣たらず。
    と、続けたいところですがやめときます。
  • 仰げば尊し
    孝経を読んでいると、ふと
    「立身行道揚名於後世 以顕父母 孝之終也」
    (身を立て、道を行い、後世に名を揚ぐ)
    (もって父母を顕すは、孝の終なり)
    という文が目にとまった。

    ほうほう、これは「仰げば尊し」ではないか?
    ただまあ、「名を揚ぐ」が最後に来ているのは、決して生前の
    名利ばかりのことではないからのようであるが。

    と、孝経の解釈を学んだ所で
    仰げば尊しを調べてみるとこんな記事が出てきた。

    今どきの卒業式では「仰げば尊し」は歌われない!…その理由とは?
    http://spotlight-media.jp/article/122921357331959890

    その他にも「歌詞が時代に合わない」という理由も

    「仰げば尊し 我が師の恩」が教師への尊敬を押しつけ、「身を立て 名をあげ やよ励めよ」は立身出世主義だ-と教育現場で声が上がり、敬遠されて言ったという説もありました。「童謡として子供が歌うには暗い歌だから」という意見もあるとか。


    教師への尊敬を押しつけ・・・(゚д゚)!
    まあ、確かに尊敬できない先生もいたことは確かではあるが・・・。
    尊敬できる先生方もいらっしゃった。

    「身を立て 名をあげ やよ励めよ」は立身出世主義だ・・・(゚д゚)!
    ふむ、孝経などを知らないとそうとれるのかも知れぬ。
    単に無知なのではないかと・・・。

    変な理由をこじつけている感じがしますが、
    要は左巻が席巻していたからということではないかな?

    「身を立て」とは?
    「視聴言動を正しくし、一身の本然を全くして、渾然成就する意味」
    とは、中江藤樹の言である。
    ・・・まだ、良くわからないけど。

    まあ、己の無知を棚に上げ、
    曲解して毛嫌いするのは止めましょうってことで。