忍者ブログ
高気密高断熱住宅に関する話題。 時事ネタなど。
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |  11 |
固定資産税・・・。
毎年毎年ゴールデンウィーク明けに
請求書を送りつけてくる鬼なお役所(苦笑)

今年は特にビビりました。

なにこの金額!!!



家だけで!
11マソ!

マジか!

払いましたよ、泣く泣く。
自動車もろもろで20万弱・・・。

泣けますな。

ちなみに去年までは半額だったんですよ。
で、償却していくからとタカをくくっていたんです。

・・・税務署せこい!
なんか、ぜんぜん償却してない感じなんですよ。
調査不足なんですが、予想外でした。
PR
何がわからないって、特にこの部分なのです。

FRBは既存の金融政策の枠組みのもとでドルを刷って市場に流通する米国債を大量に買い上げてきた。トランプ案はこの仕組みを曲げて、FRBがドルを刷って国債の償還に踏み切るわけである。となると、政府は債務から解放されるばかりか、新たに発行した国債もFRBが発行するドルで元利払いが行われる。

ドルを刷るだのという扇情的な文言はさておき
国債を強制的に償還してしまうというのは、
つまりこういうことなのでしょうか?


中央銀行が保有する国債を償還するためには、
政府からお金を払ってもらわなければならないので
政府当座預金から御支払いただくとします。
(すいません、当座ぢゃないです。当座なのは一般の銀行)

そうすると、多分預金が不足しますよね?
政府の現預金をなんとか増やす必要があります。

普通は、国債発行なのですが、目的が国債を減らす事なので
その手は使えません。
消費税増税・・・ですか?
まるで、どこかのアホ国家のようですね。

確か宇沢先生の案だったように思いますが
政府が硬貨を発行するという手がありますな。
発行した硬貨を中央銀行に買ってもらうわけです。
そうすると、あら不思議!
国債が硬貨になり、政府の現預金を経由して
所謂国の借金がチャラになってしまいました。

でもま、FRBがドルを刷ることと
国債の償還とは関係ないんですけどね。

それともFRBと日銀は何か根本的に違うのでしょうか?
相変わらず、良くわかりません。

産経に掲載された田村秀男さんの記事が良くわかりません。
教えて、エロい人 (人∀・)


中央銀行である米連邦準備制度理事会(FRB)にドルを刷らせて、借金つまり国債の返済にまわすというアイデアだ。

ふむふむ。
それは、日銀もやりまくってる・・・かな?
日銀の場合は、銀行から国債を買い入れ、銀行の当座預金に円を
預け入れる。
量的緩和、マネタリーベース積み増しですよね。

ん?FRBもMBがんがん積んでたけど、どうやっていたんだろう?

 FRBは既存の金融政策の枠組みのもとでドルを刷って市場に流通する米国債を大量に買い上げてきた。トランプ案はこの仕組みを曲げて、FRBがドルを刷って国債の償還に踏み切るわけである。となると、政府は債務から解放されるばかりか、新たに発行した国債もFRBが発行するドルで元利払いが行われる。

???
FRBがドルをすって国債の償還に踏み切る?
国債を償還するためには、額面の金額を通貨で払えばいいのかな?
よくわからないけど、発行主体が償還するんだよね?
米国債はFRBが発行しとるんかい?
・・・よくわからないな。
そんなことしなくても、FRBが全部買い占めればいいんじゃない?
FRBの利益は国庫に帰らないのか??
よくわからないな。

国債は通常、税収を担保にしているから投資家に信用されるのだが、「紙幣輪転機を回してあなた方への借金を返す」と言われて「はいそうですか」と受け入れるお人よしがいるだろうか。

いや。
担保になっているのは税収なのだろうか?
通貨の信認論になっていくから避けたいけど、そうじゃない気がする。
国債とは言うなれば借金の証書なのだから、輪転機だろうがなんだろうが現金にしてくれるならそれでいいんじゃない?
すんごいドル安になりそうだけど。

むしろ、米国債の軛から脱することができるなら
ウェルカムなんじゃなかろうか?


以下引用
以下妄想ですが、お付き合いください。
最近、いいことないときに幸せな妄想をしてムフフとしております。

想像してみてください。

消費税 マイナス1%
というのは、現行の8%から1%減らすという意味ではなく
額面通りマイナス税率にするということです。

想像してみてください。

税抜き価格1000円のものを買うと
税込み990円になるのです。

なんというお得感!

200万円の車なら今なら216万円になってしまうところが
198万円になります。
差額で家族旅行行っちゃう?

3000万円の家なら今なら3240万円になってしまうところが
2970万円になります。
もう、ついでに車も買っちゃえーっ!

マイナス金利なんかより、ずっと直接的で
強烈なインパクトがあり
確実に景気良くなります。

誰か経済効果試算してみてくれないかなぁ。

某輸出企業さんはたいへんになるかもですが、
消費税還付で儲けているわけでないなら問題ないですよね。
古典とか古典的著作ばっかり読んでいると
すっかり浮き世離れしてしまうようです。

月間Hanada 創刊号!!
らしい。
残念ながら今の私には、あまり食指が動く記事は見あたらない。



こちらはWill。
あまり変わってなくて当たり前なのだろうけど
折角だから変えてもいいんじゃない?デザイン。という気が。
前任者への敬意なのかな。
内容的にはこちらの方が好みです。


中の人ではありませんが、忘れてはいけないこの雑誌。
といいつつ忘れてましたがw
上2紙も情報という面ではたいへん有用なのだと思いますが
「表現者」には智性が感じられて好きです。
以前は熱心にAMAZONにレビューしてくれていた人のレビューが
最近はなくなって寂しい思いをしています。


http://s.mxtv.jp/nishibe/
西部邁ゼミナールでは、奇しくも武蔵の話題が!
安岡先生の「日本精神の研究」でも取りあげられていて
五輪の書でも読んでみようかと思っていた矢先でもあり
興味深いです。

小生が論壇に登場を待ち望む人達は、なかなか表に出てきてくれません。


おまけ。
 

マイナス金利で、すべて解決!


(´・ω・`)

・・・・・・・・・・・・寝よう。
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カウンター
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
フリーエリア
最新コメント
[06/03 ヤン]
[05/30 ヤン]
[04/26 ヤン]
[10/03 ICHI]
[12/15 口を閉ざした過去の人]
最新トラックバック
バーコード
ブログ内検索
P R
Copyright ©  晴時々曇一時雨  All Rights Reserved.
*Material by Pearl Box  *Template by tsukika忍者ブログ [PR]